切手買取りのお店の評判について

切手の価値は年々低迷しており、額面を大きく下回る金額で切手買取りが行われる事も在れば、額面が低いものについては買取りが行われないケースも在るなど評判を見ても価値が薄れている事が解ります。

祖母や祖父から譲り受けた切手を処分する場合など、少しでも高く売りたいと言う気持ちは誰もが持つものですが、切手の評判自体が下がっているため、高く売れそうなお店はゼロに近いと考えてしまう人も多いのではないでしょうか。

しかし、切手にはその時代を象徴する価値が在るのが特徴です。

例えば、昭和の時代と言うのは現代のような印刷技術が無かったため、簡単に偽造することが出来る時代でもあり、切手には透かしと呼ばれている特殊技術を使って偽造防止を行っていた時代が在ります。

このような透かしには縦線が入っているものもあれば、波状の線が入っているもの、点を長くしたような模様になっているものなどが在ります。

また、切手には四隅に目打ちと呼ばれるギザギザ模様が在りますが、昔の切手の中にはコイル切手と呼ばれている自動販売機で切手を販売していた時代も在り、コイル切手には切り離す側には目打ちが在りますが、両側には目打ちが無いなど古い時代の切手にはその時代毎に異なる特徴と言うものが在りました。

切手買取の評判を見ると、額面が1円や5円と言った場合には買取が行われない事も多く在る事、シート単位であれば買取りをしてくれるけれども、バラ切手は対象外にしているお店が多くあるなどの切手を売りたい人にとってデメリット的な評判が多くあります。

しかし、「古い切手を買ってくれるきちんとしたお店」と言う記事を見ると、必ずしも買取りをして貰えないと言う事ではなく、1950年代の切手、昭和初期の切手などの場合は高く売る事が出来るお店もゼロではない事が解ります。

但し、大半の切手が額面以下であり、額面の7割から9割と言った金額で売る事になるため、10円の記念切手であれば3円や1円と言った金額になってしまう事になりますが、切手には時代毎に絵柄や構図が異なる事、色の表現の仕方が異なるなどの特徴が在ります。

また、普通切手などの場合、同じ絵柄になっていても額面に特徴を持つ切手も在ります。

例えば、10円の切手の場合、切手に記されている額面の数字は「10」になりますが、同じ絵柄の普通切手でも、時代が古いものは「10」の数字の後に下線が付いている「00」と言う数字が付いているものも在ります。

これは通貨が円だけではなく、銭などの通貨が存在していた時代の切手であり、その時代毎に切手には特徴が在るため、このような価値を見出してくれる専門のお店に持って行くことで評価を高くして貰う事も可能です。