特殊切手の切手買取について

切手には特殊切手、記念切手、普通切手の3つの種類が在りますが、特殊切手や記念切手などの場合、発行枚数が少ない切手はプレミアが付くものもあります。

最近の切手の発行枚数は4,800万枚や3,500万枚と言った具合に、枚数が多く在るため、切手市場にあふれているなどの理由からも、切手買取りの相場自体も低くなり、額面の数割下がる金額で取引が行われている事も珍しく在りません。

しかし、お店により切手の買取りレートは異なるため、専門店を選ぶ場合にはホームページを利用するなどして買取りレートの比較をすることが高く売るためのコツにも繋がります。

尚、特殊切手と言うのは、シリーズ化されている切手で在り、何らかの記念を称して発行された切手以外のものになります。

シリーズ化されている切手の中には第1集から第12集と言った具合に完結するものもあれば、鳥シリーズ、花シリーズと言った具合に、数枚を2年などの期間の中で発行して揃えることが出来るタイプ、毎年1枚ずつ発行されている切手趣味週間シリーズや国際文通週間などのシリーズも在ります。

また、特殊切手の中には2連や4連と言った具合に、1シートに異なる絵柄の切手が収められているものも在ります。特殊切手を売る場合には、切手買取りの専門店がお勧めで、詳細はここからご覧ください。

特殊切手にはシリーズ化されているものと、1度の発行だけで完結されている2種類が在ります。

どちらも、専門店であれば1枚ずつ丁寧に査定を行ってくれて買い取り額の提示をして貰う事が出来ます。

尚、特殊切手の中には1シートに2連や4連と言った絵柄が異なり、繋がっている切手も在りますが、これらは繋がっている事で価値が在り、ばらばらになっている場合は買取り率が下がる事になります。

そのため、売りたい時には切手を切り離さず、そのままの状態で査定を受ける事がコツです。

また、切手を集めている人はバラで集めているケースが多く在りますが、切手の買取りに出す時などは、ストックブックに収めた状態でお店に持ち込み事で、査定を行う人はそのままの状態で査定を行う事が出来たり、ピンセットを使って切手の状態をチェックすることが出来るなど、査定をスピーディーに行う事が出来るため、短時間で買取り価格を提示して貰えるなどのメリットも在ります。

また、切手買取のお店の中には出張での買取りを行っている所も在るため、お店まで遠いので行くことが出来ない、大量に切手が在るので着て欲しいと言う場合など便利なサービスです。