切手買取をしてくれるお店に切手を持ち込みする

切手を売りたい時には専門店と金券ショップと言った選択肢が在ります。

切手買取を行う専門であれば、大半の未使用切手の買取りは可能になりますが、金券ショップの場合はお店により買取りをしてくれるお店と、買取りをしていないお店が在るため、事前に確認をしておくことが大切です。

また、金券ショップの中には特定の種類の切手だけを買取りするケースも在ります。

切手には大きく分けて記念切手、特殊切手、普通切手の3つのカテゴリーが在り、普通切手は郵便局に行けばいつでも買うことが出来る切手で、記念切手や特殊切手は3万枚などのように発行枚数が決められている切手であり、郵便局で完売となった場合には入手することが出来ません。

金券ショップの中には、この3つのカテゴリー全てを買い取るお店もあれば、普通切手のみと言うお店も在るので注意が必要です。

切手を売る時に持ち込みで行う場合などでは切手を保存していた時の状態で持ち込みすることがポイントです。

収集していた人などの場合は、ストックブックに入れた状態でお店も持ち込みすることで、査定を行う時にスムーズに行えるため、短時間で切手の買取り価格を提示して貰えると言ったメリットも在ります。

切手買取りを利用して集めていた切手を売りたい人、祖母や祖父から譲り受けた切手が在り、それを売却したい人など、切手を売りたい場合、詳細はここからチェックがお勧めです。

切手買取りを利用する方法には、郵送でお店に送る方法と持ち込みする方法が在ります。

郵送の場合は、専門店をネットで探してからの売却となりますが、金券ショップなどの場合は身近な場所に在るお店で切手の買取りを行っているか否かを確認した上で持ち込みをすることが大切です。

また、金券ショップに持ち込みすることで額面の90%程度の金額で買取りしてくれると言いますが、切手の種類などに応じて買い取り率は異なるため、お店を選ぶことも大切です。

特に、古い時代の切手などの場合は金券ショップに持ち込むよりも、切手を専門に取り扱っているお店に売る方が高く売れる事も在りますし、金券ショップでは買取りして貰えない切手でも、専門店で在れば買取りしてくれるケースが多く在ります。

また、額面が1円や10円と言った金額になっているもの、通貨が円になる以前の銭などの単位の場合、金券ショップでは買取りしていないケースが在っても、買取りを専門に行っているお店であれば買取り対象となっているケースが多いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です